夏の植物

夏の花
 夏場に箕面で目につく花をご紹介します。

ネムノキ(マメ科) 花びらはごく小さく、たくさんのおしべで着飾っています。「見せる下着」
的な発想といいましょうか。夜になると、細かく分割した葉をぴたりと閉じて、眠ります。道路わき
など、明るい環境で見かけます。

ネムノキ

リョウブ(リョウブ科) 
たくさんの白い花が穂のように並んで、順番に咲きます。
乾燥気味の尾根筋に多く生育しています。
リョウブ


ムラサキシキブ(シソ科) 紫色の果実が名前の由来ですが、こじんまりとした
花も紫色です。
ムラサキシキブ花

カリガネソウ(シソ科) 大きな株になる植物で晩夏に変わった形をした花を咲かせます
カリガネソウ


ハエドクソウ(ハエドクソウ科) 根をハエ取り紙の材料にするのだとか。花がちんまり
としているので、機能先行の命名にな
ったのでしょう、なんだか気の毒。滝道沿いの木陰でよく見
かけます。

ハエドクソウ

ハグロソウ(キツネノマゴ科) 滝道沿いの暗い木陰で見かけます。くちびるをめくって
お歯黒をした歯を見せているような、と言われれば確かにそんな風に見えますが、その状況を
想像するだに、あんまり上品な発想ではないなぁ。

ハグロソウ





同じカテゴリー(季節の動植物)の記事画像
冬の木の実
冬の滝道の鳥
紅葉の季節
初秋の草花
夏の昆虫(チョウの巻)
夏の昆虫(コウチュウの巻)
同じカテゴリー(季節の動植物)の記事
 冬の木の実 (2017-01-16 10:33)
 冬の滝道の鳥 (2017-01-16 10:11)
 紅葉の季節 (2016-11-15 17:03)
 初秋の草花 (2016-09-02 17:00)
 夏の昆虫(チョウの巻) (2016-07-19 16:56)
 夏の昆虫(コウチュウの巻) (2016-07-19 13:41)